書店様専用ページ お問い合わせ 特定商取引に関する表示 会社情報 よくあるご質問 トップページ 浅川書房 トップページ

カテゴリー

カテゴリー

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

ログイン

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

お会計

凌ぎの手筋200

立ち読みをする  カゴに入れる

【書名】凌ぎの手筋200
【著者】金子タカシ
【仕様】四六判並製
【定価】1,512円(税込)
【ISBN】978-4-86137-039-7

【初版】2013年4月
■こんな方におすすめします
・初段以上
・受けの力を鍛えたい方
・寄せの力を磨きたい方
・一手負けを減らしたい方
・あきらめない精神力を養いたい方

■本書の特徴

『寄せの手筋200』『美濃崩し200』に続く終盤の手筋集、ついに登場!

ぎりぎりの終盤戦で競り負け、あとで「こうすれば勝ち」という手が見つかってますます悔しい思いをした、なんて経験はありませんか。将棋の終盤はスリリングで、特に受けをまちがってしまうと、一手で勝ちから負けに転落します。あのとき合駒をまちがえなければ……。簡単にあきらめていなければ……。そんな後悔をしないためには、しのぎの練習が不可欠です。

本書では「どう対応すれば詰まないか、必死から逃れられるか」を問題形式で考えていきます。基本的な受けの手筋から、目を見はるような高度なテクニックまでが示されているので、初心者の方は答えを見るだけでも実戦ですぐに役立つはず。どんな筋が急所なのか、よい受けと不完全な受け、なぜ受かっているのか。ぎりぎりの攻防が理解できるようになると、見えてくる景色がまるで違ってきます。

腕に自信のある方はぜひ実戦のつもりで取り組んでください。しのぎきるためには、相手からの攻め筋をいくつも考える必要があるので、寄せの訓練にもつながります。そして絶体絶命と思える局面を考えることで、簡単にはあきらめない精神力を養えます。

なお、本書は、1990年に出版された『凌ぎの手筋186』を大幅に加筆・修正したものです。

■著者からひとこと

しのぎの基本は、自玉の詰み筋、寄り筋をしっかりと見極めることです。この訓練を通じて、寄せの力や読みの力が向上し、終盤の総合力アップが期待できます。また絶体絶命と思える局面を考えていくことで、あきらめない精神力が養われます。本書を読み終えたとき、あなたの将棋は一段としぶとさを増しているでしょう。――金子タカシ

■目次

プロローグ
第1章 詰みを逃れる合駒テクニック
第2章 攻撃を考えた合駒テクニック
第3章 必死を逃れるしのぎテクニック
第4章 攻撃を考えたしのぎテクニック

おすすめ関連タイトル

寄せの手筋200

寄せの手筋200

定価(税込) 1,512 円

美濃崩し200

美濃崩し200

定価(税込) 1,512 円

寄せが見える本【基礎編】

寄せが見える本【基礎編】

定価(税込) 1,404 円

寄せが見える本【応用編】

寄せが見える本【応用編】

定価(税込) 1,404 円

7手詰ハンドブック

7手詰ハンドブック

定価(税込) 1,296 円

̃y[WTOP
(C) Copyright 2010 株式会社 浅川書房. All rights reserved.