書店様専用ページ お問い合わせ 特定商取引に関する表示 会社情報 よくあるご質問 トップページ 浅川書房 トップページ

カテゴリー

カテゴリー

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

ログイン

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

お会計

3手詰ハンドブック(2)【新版】

立ち読みをする  カゴに入れる

【書名】3手詰ハンドブック(2)【新版】
【著者】浦野真彦
【仕様】小B6判(ほぼ新書サイズ)
【定価】1,296円(税込)
【ISBN】978-4-86137-040-3

■こんな方におすすめします
・級位者~有段者(すべての将棋ファン)
・詰ますコツ、詰手筋を覚えたい方
・詰将棋ファン
・対局前のウォーミングアップに
・日々のトレーニングや気分転換に
・時間を測ってタイムトライアル!

■本書の特徴

本書は『新版 3手詰ハンドブック』の続編になります。といっても問題がレベルアップするわけではないので、前作と同じ感覚で楽しめます。3手詰をこれから始める方にはもちろん、これまで3手詰を解いてきて「新しい問題に挑戦したい」という方にもおすすめです。

詰手筋の多くは3手一組が基本。本書でさまざまな詰手筋に触れることで、あらゆる手数の詰将棋の土台となる基礎がマスターできます。なかなか解けないという方は、解説を先に読んでみてください。「危険地帯に誘え」「逃げ道に捨てよ」など、基本の詰手筋が理解できることと思います。そのうえで問題に挑戦し、数をこなしてコツをつかみましょう。すっきりした配置の良問が多いので、入門には最適です。
将棋の基本は「3手の読み」。自分の指し手だけでなく、相手にとって一番よい指し手を考えることが上達につながります。3手詰にはこの思考プロセスがぎゅっと凝縮されているので、自然と将棋の呼吸が身につくことでしょう。

腕に自信のある方は、早解きを目指してみませんか。時にはつまずく問題もあることでしょう。それがあなたの苦手な詰み筋なのかもしれません。何度も繰り返し解いて「詰む形」が頭に入れば、実戦でも「詰む」という確信をもとに読みを進められる場面が増えるでしょう。

頭の体操、気分のリフレッシュ、毎日のトレーニング、タイムトライアルと使い方はさまざま。あなたに合った活用法を見つけてください。

なお、本書は『3手詰ハンドブック2』(2007年、日本将棋連盟刊)を大幅に修正したものです。修正箇所は次の通りです。
 ・8割以上の問題が差し替えまたは修正
 ・解説200題はすべて書き直し

■著者からひとこと

『新版3手詰ハンドブック』の続編です。なかなか解けないかたはまず解説を読み、詰手筋を理解したうえで問題にチャレンジしてみてください。盤駒を使いながらでもかまいません。棋力向上のためだけではなく、頭の体操にもピッタリな本書が、多くの皆さんに楽しんでいただけますように。――浦野真彦

おすすめ関連タイトル

3手詰ハンドブック【新版】 

3手詰ハンドブック【新版】 

定価(税込) 1,296 円

新版 5手詰ハンドブック

新版 5手詰ハンドブック

定価(税込) 1,296 円

7手詰ハンドブック

7手詰ハンドブック

定価(税込) 1,296 円

寄せが見える本【基礎編】

寄せが見える本【基礎編】

定価(税込) 1,404 円

寄せが見える本【応用編】

寄せが見える本【応用編】

定価(税込) 1,404 円

寄せの手筋200

寄せの手筋200

定価(税込) 1,512 円

上達するヒント

上達するヒント

定価(税込) 1,404 円

̃y[WTOP
(C) Copyright 2010 株式会社 浅川書房. All rights reserved.